Member's Voice - 2/8

誰にいわれたわけでもなく、
ごく自然にはじめたこと

深瀬 奈純 勤務薬剤師

トップページ  採用情報一覧  先輩社員の声  勤務薬剤師 深瀬 奈純(2/8)

深瀬 奈純 勤務薬剤師

2014年入社 愛知学院大学出身

薬と「つながる」

生まれ育ったこの土地が好きで地元に貢献したいという想いがあり、幼いころからなじみのあったコスモス調剤薬局への入社を決めました。実際働いてみて、訪れてくれる近所の方々のお役にたてるのが嬉しいですね。相談されたことにお応えできて、笑顔で帰っていただけるとほっとするんです。

誰にいわれたわけでもなく、ごく自然にはじめたこと

仕事の中で気になったことはすぐに調べ、レポートを残すことにしています。薬の成分や服用方法、身体にいい栄養素や、それらが多く含まれる食品など、患者様から健康に関する相談を受けることも多いので、少しでも役立てるアドバイスができたらと始めました。正確にスピーディーに作業を進めて患者様の待ち時間を縮めるため、渡す薬の種類や用量をチェックするための「早見表」にも、注意事項や補足メモを書き込むように心がけています。

一緒に安心も手渡したい

学生のころは、薬剤師の資格さえとれば仕事していけると思っていたけれど、大間違いでした。次々と開発される新薬や膨大な種類の薬剤を扱っていくためには、日々勉強し成長し続けていく必要があります。社内の勉強会はもちろん、製薬会社主催のセミナーなどにも積極的に参加しています。患者様の命に関わる仕事ですから、薬について知れば知るほど、緊張感と責任感を忘れてはいけないと感じるようになりました。また、患者様に精神的なやすらぎや安心感も与えられるのも薬の役割。その想いが、自分と薬をつないでいるんです。

Copyright MEIHOKU PHARMACY Co.,Ltd.