Collaboration地域大学との連携

トップページ  企業情報一覧  地域大学との連携

Collaboration地域大学との連携

“教育”から地域医療に貢献
私たちは地域の薬学生に、学びの機会を提供していきます。

名北調剤は、地域の薬学生の教育に貢献することを目標に、愛知学院大学薬学部にて寄付講座を実施しています。半期に渡る「地域医療薬局学」を中心とした講義の開設や、早期体験学習の受け入れ、定期的に開催する特別セミナーを開催。現場の薬剤師が講義の内容やセミナーを企画しています。

現場の「生の声」を学生たちへアウトプットすることで、登壇する講師自身もモチベーションが上がり「薬剤師のスペシャリスト」として成長に繋がります。

school

Lecture

地域医療薬局学
講座

expand_more
medication

Simulation

早期体験学習の
受け入れ

expand_more
content_paste

Seminar

特別セミナー

expand_more

現場の「生の声」を学生たちへアウトプットしています

Lecture

地域医療薬局学講座

薬剤師が地域医療の観点で調剤薬局の歴史から
現状や未来などあるべき姿について講義

「地域医療薬局学」や「薬局経営学」、「薬局経済学」などの授業を通じて、名北調剤が取り組んでいる地域医療・地域貢献・地域連携・薬局経営を伝え、薬剤師の役割・責任・現状・今後の課題を理解してもらいます。

かかりつけ薬剤師として活躍できる人材の育成に貢献

日々調剤薬局の現場で起こることや、最新の情報をもとに講義を行いますので、「調剤薬局のリアル」を学生たちに伝えています。

地域医療薬局学

地域包括ケアシステム
かかりつけ薬剤師

在宅医療における
薬剤師の実情と課題

ファーマシューティカルや
地域医療薬局薬剤師の活躍

薬局経営学

薬局の経営や運営
マネジメントに関する基礎知識

健全な薬局経営に
必要なリーダーシップ

グループワークによる
経営ディスカッション

医療経済学

地域における薬局の機能と
業務について説明

医薬分業の意義と動向

実例をもとにした
医薬品の流通の仕組み

Simulation

早期体験学習の受け入れ

2年次の学生に調剤室にて
実際の業務
を直に体験

コスモス調剤薬局に直接学生を招き、調剤薬局の歴史や今後の動向を座学で学習。早期体験学習は薬学部2年次での受講となります。

その後、調剤薬局内での薬剤師の具体的な業務の見学や調剤機器の観察、調剤事務との連携を体験していただいています。

学生の中には調剤室へ入ることがまだまだ新鮮な方も多く、調剤室に入ってお薬や調剤機器に触れる経験を通し、「実際にどんな仕事をしているのか」イメージを深めてもらえることが私たちの役割です。

Seminar

特別セミナー

コスモス調剤薬局主催の
特別セミナーを大学内で開催

通年で定期的にコスモス調剤薬局の先輩薬剤師が愛知学院のセミナー室にて、特別セミナーを実施しています。担当講師は、他業界から転職してきた経験豊富な薬剤師から新卒1年目の薬剤師まで幅広く現場の声をお伝えしています。

セミナーテーマは、「調剤薬局で活躍する薬剤師が実際の経験をもとにした症例検討会の体験会」、「病院薬剤師やMRから転職をしてきた講師が行う薬剤師が活躍する業界の研究会」といった現場からの内容が中心です。

「5年生、6年生に向けた国家試験までの対策相談会」や「就職活動のお悩み解決相談会」なども実施して、学生が求める”学び”に合わせて開催しています。

株式会社名北調剤は
「マザーカンパニー」の経営理念のもと、
今後も地域の学生とともに地域医療に貢献していきます。

愛知学院大学 特任教授 松浦 宏典
CONTENTS
Copyright MEIHOKU PHARMACY Co.,Ltd.