Philosophy & Greetings経営理念・代表挨拶

トップページ  企業情報一覧  経営理念・代表挨拶

Philosophy 経営理念(存在価値)

患者様とクリニックの懸け橋として、
健康と安心に貢献するマザーカンパニーを目指します。

Greetings 代表挨拶

「薬局の存在価値は何か?」を考えた時、
いくつもの「つながり」が求められていると気付きました。

当社の経営理念は以前に社員と一緒につくったもので、私はとても気に入っています。私自身も薬剤師なのですが、「薬局の存在価値は何か?」を考えた時、いくつもの「つながり」が求められていると気付きました。お薬と一緒に安心を提供する対象である「患者様とのつながり」。ともに患者様の健康に貢献する「ドクターとのつながり」。超高齢社会の現代においては「高齢者施設や多職種(ケアマネ・ヘルパー・栄養士など)とのつながり」。そして「地域社会とのつながり」も重要です。これらのつながりを大切にする中で、調剤薬局は人と人との「懸け橋」になれる、とても価値のある仕事なのだと実感しました。

また、薬剤師に多様な職能が求められる今、薬剤師と助けあい、支えあえる存在が不可欠と考え、2011年から店舗事務社員の新卒採用を始めました。この「調剤事務パートナーシップ構想」のもと、毎年15名以上の“薬剤師のパートナー”を輩出し、店舗事務社員の活躍の場が広がっています。これは、チームワークが命である医療の現場において「仲間とのつながり」を重視している当社ならではの取り組みです。

「 母企業(ははきぎょう)= マザーカンパニー

「地域医療を担いたい」という思いで業容を拡大してきましたが、今考えているのは「社員にとって、どのような企業になるべくものなのか」ということです。出身校を「母校」と呼んで誇りと愛着を持たれるように、会社にも「母企業(ははきぎょう)=マザーカンパニー」と言う呼び名があっても良いと思うのです。私は名北調剤を「働いていることを誇りに思える、社員が仕事を愛することができる」、そんな会社にしていきたいと強く願っています。そのために社員の働きやすさを重視し、「超ドミナント展開(地域集中出店)」によって店舗同士が助け合える、交流しやすい環境をつくってきました。近年では「週休2.5日制」や独自の教育研修プログラム「コスモスアカデミープログラム」の充実など、新しい取り組みにもチャレンジしています。

まだまだ成長している会社ですが、それゆえに面白さややりがいがたくさんあります。日々挑戦し成長し続ける名北調剤で、「社会のために」「自分のために」一緒に働きましょう!

代表取締役 薬剤師 松浦 宏典
CONTENTS
Copyright MEIHOKU PHARMACY Co.,Ltd.